ゆる活ナースayakaのブログ

看護師4年目。バリバリ働くのは苦手だけど、看護師としてゆるく生きてます。ブログ書きながら「ゆる活ナース」として活動中!ゆるく生きたい看護師のお悩み相談室。

看護師のインシデントは落ちこむ…もう辞めたい!そんな私の体験談と今後。

 

こんちゃ!ゆる活ナースayakaです!

f:id:ayapix:20160330190339j:plain

ほんと今憂鬱なんで、ここに吐き出します(笑)

今日の出来事(インシデント・アクシデント発覚)

 

今日は夜勤明けだったんですが、病院から電話がかかってきまして、昨日の夕方の患者さんの内服薬が配薬カート内に残っていたとのこと。

うおー、これはもしや飲んでない…?
アクシデントか…?(T ^ T)

わたしはちゃんと内服薬確認したはずと思うんだけど、なんかやらかしたのか。確実にやったと言える確実な記憶は残ってない…

うーん、もっと一個一個記憶認に残るくらい意識してやらなくちゃね…確認不足ですね。反省!!!!!

 

わたしは看護師っていう職業が怖い

 

わたしはもともとヘナチョコ野郎でして、昔から色々と失敗することが多かったのですよね。だから母親にも看護師になることを心配されてたぐらい(笑)

自分でも「いつか取り返しのつかないおおきな間違いをしてしまうのではないか…」と常にドキドキしているチキン野郎です。

だから、自分がヘナチョコ野郎だということを認識してるからこそ、内服し忘れしないように自分なりに工夫したりしているんだけど、それでも忙しすぎたり、何かやってる途中に話しかけられたりすると忘れちゃったりするわけです。

人間だから失敗するのは当たり前!っていうのはそうだし、ベテランでも誰でも失敗はするんだ、と反省はしつつ自分を慰めるけど、

f:id:ayapix:20160330214631j:plain

 

 チキンハートだからいちいち凄くヘコむw そんな私ですwww

 

 看護師の責任が大きすぎて怖い

 

仕事柄、1つのミスが患者さんに直接影響することが多いので、1つの失敗が及ぼす影響が大きすぎて怖い。

例えば、強い薬とかだと内服や点滴の内容を間違えたら心臓が止まっちゃったりするわけだし、認知症の患者さんが夜にもそもそと動き出して転んでしまったら、骨折したり頭打ってしまったりすることもある。

そうすると容態が急に悪化しちゃうわけで、それは看護師の責任となる。

だから、患者さんが動き出したら反応するセンサーとか抑制(動けないように抑制帯というもので縛る)って行為をして出来るだけの安全確保はしている。

ですが、夜勤なんて50人を4人(看護師2人・ワーカー2人の夜勤)で見ているからナースコールが一気に鳴り始めると対応が間に合わなかったりする。

そう、患者は待ってくれない(名言)

f:id:ayapix:20160331011340j:plain

 歩行フラフラなのに全然1人で歩き出すし、鼻から入ってる栄養補給のためのチューブをひっこ抜くし、痰がたくさん出ても自分で出せなくて窒息してたりするし、なんだかよくわからないけど暴れ出すし、

1秒の猶予もないし、責任が重い仕事だなぁと痛感する。

_(´ཀ`」 ∠)_ゴフッ…(吐血

 

インシデント・アクシデントあるある

 

看護師は、インシデント・アクシデントが起こったら、それをレポートにして提出する、内容を共有する…っていうことをやっている。

これは、今後同じようなことを起こさないために注意喚起するという目的のためにやっていることなんだけど、やっぱりこんな仕事だと、どうしても周りもピリピリしている。

状況把握のために、実際にやった人の話を聞いたりすることがあるけど、どうしても「まるで事件の犯人を捜す」感じとか、「やった人を責める」感じがあることも。

「これ誰がやったの?」「こんなの起こすなんてありえない」そんな言葉が、飛び交うこともある。

わたしは、看護師をしていてどうしても嫌なのが、失敗すると「仕事できない」とか「これ起こすのやばいよね」みたいに言う人がいる環境が多いってこと。

 

f:id:ayapix:20160404234809j:plain

 

そういう環境って、責められるのが怖くなって、失敗するのが怖くなってさらに緊張して縮こまって、また失敗するんだよなあ(笑)

やってしまった本人が絶対1番反省しているし、誰も好き好んでミスをしたりしないんだよね。

それに、自分にもそういうミスを犯す可能性があるんだから、そういう「自分も気をつけよう!」ってそういう目線でみるべきだと思うんだよ。
わたしは「そういう考え方とか言い方ができる看護師になりたいな」って思ってる。

前の職場のインシデントカンファレンスがひどすぎて、わたしは「公開処刑」と呼んでいた(笑)

わたしは転職を経験していて、そのおかげでかなり環境が変わり、インシデントやアクシデントで責められることも少なくなった。

 だから、今日の電話は全然責めるような言われ方じゃなかったし、凄くありがたかった。そういう環境って働きやすさとか考えたときに凄く大事ですよね。


けど、それでも「自分のしたこと」にヘコむんだよね〜〜。はあああ。

 

看護師の働く環境とは

 

こうやって、毎日毎日神経削られていくのが看護師。夜勤で夜寝ていなくても、16時間勤務の真っ只中でも、1つのミスが命取り。それが看護師…

こうやって過ごしていけば、性格が強くなるのも仕方ない(笑)そして離職率が高いのもうなづける。この責任の重さ、プレッシャーに耐えられない人は多くいる。

そして、不眠で睡眠薬飲んでたり、鬱病だったり、胃炎だったり、ストレス系疾患率が本当に高いwww

 

f:id:ayapix:20160202190340j:plain

 

看護師のみんなぁ〜。つらいよね、うんうん。

 

 そんなわたしには、実は将来の目標がある

 

わたしは、看護師の仕事は嫌いじゃない。やりがいを感じることもあるし、患者さんに感謝されると嬉しいし、患者さんと話すのも楽しい。

しかし、ぶっちゃけ精神が削られていく(笑)

だから目標があって、近い将来、「週4の働き方」をしたいと考えて動いている。やりがいのある仕事はしたいけど、もう少し自分の精神を休ませてあげたいなあ、と思っている。 

今考えているのは、美容クリニック勤務に転職することか、

 派遣看護師として、デイサービスなどで勤務する働き方。

 わたしは看護師2年目で転職をして、かなり良い職場に恵まれたが、次はさらに自分に余裕を持てるような働き方をしようと思っている。


わたしは凄くチキンで、凄く気にしいな性格なので、週5日のプレッシャーに耐えられない。こんなこと言って、「甘いなあ」と思われるかもしれないが、わたしは本気だ。

わたしは自分の人生のために仕事をしている。患者のために、仕事のために生きてはいないのです。

看護師として働いてから、ずっと緊張して首や肩に力が入っているし、ミスした夢とか働いてる夢ばっかり見るし、呼吸が浅くなってたりひどいときには、呼吸するのを忘れてるときがある。これはわたしにとって、とてもキツイのです…

わたしは、わたしの「ライフスタイル」をよりよくするために動き続けるし、自分の人生を楽しむために頑張っているのだ。だから、「自分にとってより良い働き方」を探し続けるぜよ!

さて、さらなるライフスタイル向上のためにやったるぞおおお!
 

↓看護師のライフスタイルを本気で考えよう!


↓ 日常生活を覗きたい・ゆるく絡みたい人はこちら

ほんじゃ、ばいちゃ〜〜!

ゆる活ナースayaka