読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆる活ナースayakaのブログ

看護師4年目。バリバリ働くのは苦手だけど、看護師としてゆるく生きてます。ブログ書きながら「ゆる活ナース」として活動中!ゆるく生きたい看護師のお悩み相談室。

現役訪問看護師にきいた!「ゆる活ナース」になりたい人が訪問看護で働くべき理由。

ゆる活 インタビュー マジメネタ 看護師

 

 

こんばんは!ゆる活ナースayakaです!

今回は「訪問看護師」であり認定看護師の資格もお持ちの、落合さんに寄稿してもらいました!

訪問看護はわたしにとって、とても興味のある分野です。わたしも先日、落合さんの勤める訪問看護ステーションに見学に行かせてもらいました!

わたしは、訪問看護は患者さんの「家に帰りたい」という願いを叶える手伝いができるというのも魅力に思いましたが、看護師として「自分らしく働く」ということができる職場であると感じています。

現役訪問看護師にきいた、訪問看護の魅力とは?

f:id:ayapix:20161109215141j:plain

 

初めまして看護師のおちあい( @minoru_ochiai_)です。

有床診療所や大学病院を経て、現在は訪問看護師として勤務しています。 また併せて、訪問看護に興味がありながらも転職やキャリアに悩んでいる看護師さんの話しを聴き、その方にあった訪問看護ステーションの見学や転職のお手伝いもしています。


今回は、あやかさんのような「ゆる活ナース」の方々にこそ、訪問看護で働いて頂きたいと思い記事を寄稿しました。 

看護師の働き方、「ゆる活ナース」とは?

 
ゆる活ナースってなんなんだ!?という人のために、下記あやかさんの引用紹介です。

『「ゆる活ナース」は、ゆるりと無理せず看護師をやりながら、楽しいこと・自分がやりたいことに夢中になれるようなライフスタイルを送るナースのことで、「看護師」として生きるのではなく、自分としてイキイキ生きるための仕事として「看護師」をやっているというスタンスなんですよね。』


私なりの解釈だとワークライフバランスの調和を大切にするということ。

趣味や副業、子育てや恋愛などのプライベートも、看護の仕事もバランスよく共にイキイキ、ワクワクした生活をする事なのだと思います。

そのような「ゆる活ナース」に共感する看護師の方々に訪問看護は職場として本当におススメです。

その理由について下記簡単にまとめてみました。

 

訪問看護が、自分らしく働く場所としておすすめな理由とは?

 

訪問看護ステーションで働くと、生活のリズムを整えやすい訪問看護に転職してすぐに気づくことは「病院勤務時代は相当ムリをしていた」ということ。

訪問看護は土日や連休での定まった休日がもらいやすい事や残業が少ないため、生活のリズムが整えやすいのです。私自身も訪問看護に転職をしてよく眠れるようになりました。

病院時代は夜勤ばかりで日勤の方が少ない上に、後輩の指導や委員会など休日でも出勤することもありましたし、知らず知らずのうちに疲れていたんだなーと思います。

オン/オフを分けることや、ゆっくり休む事って大事ですよね!

 

訪問看護は柔軟な働き方を選択しやすく、プライベートが充実する

 

f:id:ayapix:20161109215547j:plain

 

病院勤務の若い看護師さんだと「2交代や3交代」などの働き方がほとんどかと思います。まとまった休みをとることもできますが、定期的な時間を作ることは難しいのではないでしょうか。

定期的な時間の確保が難しいと趣味の習い事や学校など定期的に通うことは出来ず、スポーツジムなどのようないつ行っても大丈夫な趣味しか通えない方も多いと思います。

一方で、訪問看護は残業も少なく定時で帰ることが多いです。また訪問看護は2交代や3交代ではなくほぼ規則的な勤務ですし、相談によっては午前だけや午後だけの勤務も可能です。私は訪問看護で働きながら認定看護師のための学校に通いました。

病院では毎週休みを固定したりすることはバリバリ働く若い看護師にとっては難しいのではないかと思います。 このように訪問看護はプライベートの予定も入れやすくなるためおススメです。

訪問看護で働いて、看護や人がもっと好きになった


f:id:ayapix:20161109215204j:plain

 


これは私自身の経験なので、読者の方全てに当てはまるかは分かりません。しかし、私自身は訪問看護に転職して看護や人がもっと好きになりました。

その理由は様々な人や価値観にゆっくりと触れる機会を持つことができるようになったからだと思います。

病院では緊張感の中、時間に追われ事故のないように主治医の指示をこなすことで正直一杯でした。

訪問看護では、患者さんとゆっくり関わる時間があります。また様々な職種の方や専門家ではない地域の方など、病院では関わらなかった人とも関わり価値観や考えに触れる機会が増えます。

仕事自体がキツくて、プライベートのみが楽しかった病院時代から、仕事もプライベートの両方の調和がとれるようになりました。

まとめ


いかがだったでしょうか?仕事もプライベートもイキイキと働きたい人にとって、訪問看護はとてもマッチしていると思いませんか? 

給与のこと、職場の選び方など、もし興味があったり疑問なことがあれば、気軽に相談して頂けると嬉しいです。ありがとうございました!

ゆる活ナースayakaより一言


落合さん、ありがとうございました!


病院で働いていると、どうしてもワークライフバランスに「制限」がでてきてしまうとおもいます。「訪問看護」は仕事としてももちろんやりがいがあるとおもいますが、働き方としても、凄く融通が利く職場だと感じます。

プライベートでやりたいことがあるけど、できていない人。

選択肢の1つとして「訪問看護」って、
なかなかよいのでは!?!?(熱弁 

 

↓看護師のライフスタイルを本気で考えよう!


↓ 日常生活を覗きたい・ゆるく絡みたい人はこちら*

ほんじゃ、ばいちゃ〜〜!

ゆる活ナースayaka