ゆる活ナースayakaのブログ

看護師6年目。バリバリ働くのは苦手だけど、看護師としてゆるく生きてます。ブログ書きながら「ゆる活ナース」として活動中!ゆるく生きたい看護師のお悩み相談室。

辛い…苦しい…看護師として働き続けるのに必要なのは自分の弱さと向き合うこと

 自分の人生は自分で創れる。

f:id:ayapix:20180209041727p:plain


「自分の人生は自分で選んで、自分で創る」と思うと、本当に人生が変わります。

まず1つめのステップは「今の状況は自分が創り出してる」って認めること。
それって認めがたいけど、逆に言えば認めた瞬間から「自分がこれからの人生を作れる」んですよね〜♪

自分を変えると、自分の世界は確実に変わります♪

あなたはどんなことがしたいですか?どんな生活がしたいですか?
周りの声や「〜でなくてはならない」を取り外せれば、そうなれるはずなんです。

自分を縛っていたモノを1つずつ取り外すと、楽になるし、
自分が自分を責めて辛くなっていたことがなくなったりします。

わたしは急性期を経験していないとダメだとかプリもやったことないし、技術もないから看護師としてダメなんだ…とか思っていたけど、

「こうではなくてはならない」
その思い込みをはずしたら自分の活動の幅が増えました。わたしなんかができないと思っていたけど、いろいろと挑戦できるようになりました。

自分の可能性を勝手に狭めているのって、実は自分なんですよ・・・

幸せになるには、実は覚悟が必要

 

 f:id:ayapix:20180213204455j:image

 ただですね、自分の人生は自分で創るって思うのってすごく覚悟が必要なことでした。
本当の意味で幸せになるのって、本気でなろうとしないとなれないwww

なんで今理想の人生になれていないかって言うと、
見たくないものを見ようとしていないからで、現実逃避なのです〜。

例えば、お金がないって言う人に限って、自分のお金についてちゃんと把握しようとしてなかったりします。それは「お金がない」のを認めたくないし、お金がなかったら「〜できない」ということを怖がって見ないようにしているから。さらにお金がなくなっていくんですw(わたしもそうだったからお金なかったしwww

看護師の場合でも「〜できない自分」を認めたくないから、行動できなかったりします。あとは、周りの責任にした方が楽だからですね。

それでうまくいってない原因を見ないふりするから、うまくいかない・・・
問題に蓋をして、見ないふりしていてもモヤモヤが残りますし、根本的な解決にはならないのです。

認める「怖さ」に立ち向かうことが必要なのです(辛

 

わたしの「怖くて見ないふりをしていたこと」

f:id:ayapix:20171104203240j:plain


わたしは昔、職場でうまくいかないことを、自分には悲がなくて「環境が悪いんだ」と思っていましたwww 確かにわたしにとっては環境も悪かったんですが(笑)

そこで自分にできることを全てしたか?と言われると「してない」んですよね。なぜなら行動してそれでもうまくいかなかったら傷つくやん・・・と怖かったし、環境のせいだけにしたかったんです。

でもね、転職して2箇所目の職場にうつっても、1つ目の職場と同じところでつまづきました(笑)

私の場合は「人に壁を作ること」と「人に頼れないこと」でした。

わたしを生きづらくしていた認めなくてはいけないことは、環境を変えたことで見ざるを得ない状況になった(笑)

f:id:ayapix:20170924010834j:plain


わたしは2つ目の職場に移ってはじめて「これが自分の悪いとこだったのだ」と認めざるを得なくなりました。

なぜなら、場所をうつしても変わらないということは、多分ここで見ないふりをして変わらなくても、このままだとどこに行ってもつきまとう問題なんだろうなと思わざるを得なかったんです(笑)

いや、めっちゃ苦しかったよね、自分に改善すべき原因があったって認めるの怖いもんwww
自分が自分を生きにくくさせてるって思いたくなかったし、他人のせいにしたかったし、環境のせいにしたかったです。

ただ、わたしの場合、自分で決めて転職という行動をしたことが「覚悟」に繋がったんだなと思えていて。自分で選択して行動して「自分で人生を決めてる」って、思ったからできた「認める」がたくさんありました。

わたしは環境を変えたことが「認めざるを得ない」状況になったし、さらには転職で「壁を作ること」「人に頼れないこと」を改善しやすい環境に変わった点がおおきかった。職場の人間関係がよかったから、改善する怖さが軽減していたんです。笑

1つの行動が、自分の人生をおおきく変えたな〜と思っています。自分の中にあった生きづらい原因を認められたら、とても生きやすくなりましたし、人生が楽しくなりました!笑

 

人が行動したくない理由は基本「怖い」から

 

f:id:ayapix:20170710215437j:plain


人が行動したくない理由って、基本は「怖さ」です。

行動して失敗したくない。「使えないやつだと思われたらどうしよう」「また人とうまく関われなかったらどうしよう」って、自分のダメなところを見るのが怖い。

わたしも怖かったです。できないことがあるって認めてしまったら、いけないような気がしていました。
転職して「逃げた」と思われたら嫌だな、とか。失敗したらどうしよう、今の技術や知識じゃ通用しないかも、使えないやつだと言われたらどうしよう、って。

でも、怖くても「自分で自分の人生創るんだ」「絶対幸せになりたい」「このままじゃ嫌だ」という覚悟があるとなにかしらの行動が起きるはずだし、今の状況に逃げずに向き合うことになってくるはずなんです。

 

看護師が一番辛いことは、自分の弱さを目の当たりにしやすいのに、それを認め辛い環境にいること

 

f:id:ayapix:20181011010638j:plain
  わたしの看護師の居場所作りの活動の1つであるオンラインサロン

看護師の仕事って、人間の本質の部分に触れる仕事。だから自分の未熟さや、自分のできることの少なさに、自分ってちっぽけだ、と思いがちな壮大な仕事です。

だからこそ、自分と向き合わなくてはいけないことが多くてとても苦しいし、辛いと思います。

そして、看護師って聖職のイメージが強かったり、生命を扱っているから失敗できなかったりするから、弱さを認め辛い環境にいます。


失敗はできない
できる自分でいなければ価値がない

そういう環境で過ごしていると、さらに行動を起こすことが怖くなってきて、我慢して自分を偽り続ける…

すごい自分じゃないとここにいられないから、弱さなんて出せない。

周りもみんな我慢しがちだから、自分だけ弱いところを出してしまったら、いじめを受けたり、居場所がなくなってしまうかもしれない…

きっと、環境的にも怖さが増幅しているんですよね。だから乗り越えるのが大変。

わたしも、もちろんすごく怖かった><

入院したりして身体を壊したからこそ、わたしは転職を決断できたし、

転職先の環境が良かったから「弱さ」を認められて、少しずつ克服して楽になってきたけど、もし違う環境だったらできなかったかもしれない。

だから、わたしはこうやって自分の実体験を発信したり、看護師のつながりを作る活動をすることで、少しでも「1人1人が自分と向き合うキッカケ」になればいいな〜なんて思ってます。

 

あなたの人生は本当はあなたが創れるし、今のあなたの状況はあなたが選んで創っています

 

f:id:ayapix:20170710215350g:plain


自分の人生をどう選択するか?自分の持っているものでどう戦うか?どんなストーリーにしようか。
そう思うと人生がゲームみたいですよね(笑)

あなたの人生はあなたが選べるんです。
本当は自分でなんでも選べるし自由なんです。大人ってサイコーですよね。

変わりたいのに選ばない理由は、今の人生が「自分の選択」であると思いたくないから。その場にとどまっている方が、周りのせいにした方がもちろん楽だからです。

でも、それをぶっ壊さないと、その問題は一生つきまとってくるし、変わらないんですよね。

今の状況から抜け出す方法は、「自分の人生自分で創る」と覚悟すること⇨「怖さ」と向き合うこと。

そして弱い自分も自分自身で認めて
受け入れて、自分が生きやすいように自分が整えてあげること。

そうすると、人生が少し楽になるんじゃないかなあ〜と思います。

今の人生が納得いってないなら、わたしは「怖い」方を選ぶといいと思ってます。そうすると劇的に人生が変わるし、それを選べたっていう自信になりますwww

一度しかない人生です。選択するってことは何かを捨てること。自分が何かしらを選択して生きていることを忘れずにいたいです。

「今のままでいること」も「変わること」も選べますし、今この瞬間も選んでいます。

選んだことを信じて、そっちを選んだことを後悔しないように生きましょう!

あなたはどんな自分の人生を選びますか?♪

【紹介】わたしのお世話になったサイトさま↓

 

※ゆる〜い看護師相談室、受付中♡+わたしがどんな活動をしていくのか、どんな風に看護師として働いていくかということは、今後LINE@でこっそり書いていこうと思います♪

 

↓看護師のライフスタイルを本気で考えよう!


↓ 日常生活を覗きたい・ゆるく絡みたいunbi人はこちら

ayaka@ゆる活ナース (@hapinsayaka) | Twitter

 ほんじゃ、ばいちゃ〜〜!

ゆる活ナースayaka